映画『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』★私のたどり着いたところ




映画レビューしました。

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id323650/rid50/p0/s0/c0/


公開されると知ったときから、楽しみにしていました。
やっと、観ることができました。


死体を運んで埋葬の旅に出る、というあらすじから、興味を持っていました。


それだけからすると、不気味ですよね。
あらすじとタイトルから、その死体は、埋葬をやりなおす=掘り起こす、と言っているのですから。


なぜ、私が興味を持ったのか?


それは、死を扱う題材だったからです。
それと、トミー・リー・ジョーンズが監督ということ。


死を扱う、と題材は、哲学的には、究極のその人の価値観が出ると思うからです。
それは、死についてだけでなく、同時に、生についても語ることでもあるからです。
心して作っているはずでしょう?
ジョーンズを個人的には、知りませんが、彼から感じる人間味は、きっと期待を裏切らないと
思っていました。


投稿した映画レビューには、物語から私が感じた感想文を書いていますが、
アメリカ・メキシコ国境では、物語でなく、”日常的な光景”があって、それを舞台としているということに、作品の重さを感じます。
陸続きで、国と境していない日本人の感覚では、わかりきれない部分もあるでしょう。

その分、ピンと来ないといえば、ピンと来ないかもしれないし、
つまらない、と言えば、つまらない作品かもしれません。

私が、観終わって、思わず、つぶやいたことは、
「間違っても、人を殺したら、償いきれるものではない.....。」
でした。
当たり前のことですが、目の前に、自分が殺してしまった腐乱死体を目の前にして
謝り続けるピートを観たとき、取り返しがつかない、とはこういうことなのだ、
と、胸に刻まれる想いがしたのです。


自殺・他殺とわず、日々、命をまっとうしていない事件を耳にします。
死んではいけない、殺してはいけない、
そんなことはわかっているはずなのに.....。
死ほど、取り返しのつかないことは、ないでしょう。

当たリ前であったとしても、わかっていなかったかもしれない私に、
”死”と”生”について、あらためて教えてくれた、作品となったのでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア