映画『燈台守の恋』★映像の奥にあるもの




夫の助手の燈台守として、島にやってきた青年と
魅かれあってしまった人妻マベは、
夫が灯台にいるときに、密かに結ばれました。

映画レビューしています。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id323065/rid13/p1/s0/c4/
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyep/id38412_323065/cid/rid1/p0/s0/c0/

 

夫は、大切な存在だけれど、惹かれてしまう人がいる、
ということは、善悪で考えたら”不適切”なことでしょう。
しかし、動いてしまった心を止めるのも、なかなか難しいことのようです....。
かといって、誰かを愛するのに、後ろめたさを感じる、というのも辛いことです。


青年が去ったあと、マベは女の子を産みました。
マベ夫婦には、今まで子供がいませんでした。
マベを愛していた夫は、マベを苦しめたくない、むしろ、
”二人の”子供が授かったことを祝福しようと思っていたと思います。
そのような環境の中、マベは、心の奥底で、娘の面影から、”若い彼”を感じながらも、夫と私の子、として育ててきたと思います。


真実を知りたい、知らせたい
本当のことを明らかにしたい、


世の中には、そのような考えも多いでしょう。
しかし、そのことに触れてはいけないこと、ということも
あるのかもしれません。
それは、”ごまかし”や”嘘”とも違うものです。


マベ夫婦は、口にすることでお互いを傷つけあうことはなかったと思われます。
それは、
受容し、包容するという”愛”が、
作品の序章と終幕に、登場させた娘を通して、
映像の向こう側にあることを
はっきりと、私たちに観せてくれたと思うからです。
 



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア